戦没者慰霊

広告
ニュースまとめ

【沖縄】琉球新報の警察取材班キャップが酒気帯び運転、基準値の5倍 ~ネットの反応「米軍関係者が飲酒運転したら名前や所属もバラすのに、同業者の飲酒運転は匿名報道っすか?」

琉球新報の記事 本紙記者が酒気帯び運転 基準5倍、自宅近くで 宜野湾署摘発 2021年12月29日 18:51 琉球新報編集局暮らし・報道グループの男性記者(32)が29日、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で宜野湾署から交通切符(...
戦没者慰霊

【動画アーカイブ】第35回戦歿者追悼国民集会・第7回感謝の心をつなぐ青年フォーラム(令和3年8月15日)

第35回戦歿者追悼国民集会 《プログラム》 一、国歌斉唱 二、靖國神社拝礼 三、終戦の詔書拝聴 四、主催者代表挨拶 ・田久保忠衛氏 (日本会議会長) ・寺島 泰三氏 (英霊にこたえる会会長) 五、各界代表の提言 ...
戦没者慰霊

『義烈空挺隊』慰霊顕彰の集い 令和3年5月24日(月)靖國神社(主催:「空の神兵」顕彰会)

沖縄戦で空挺特攻作戦を敢行したのが、義烈空挺隊です。 8機の爆撃のうち1機が対空砲火をかいくぐり、米軍占領下の読谷(よみたん)飛行場の滑走路に胴体着陸し、8名の完全武装空挺隊員が、アメリカ軍機の破壊工作を遂行しました。この破壊工作によ...
戦没者慰霊

【追悼】2021年4月7日 戦艦大和(昭和20年4月7日鹿児島県坊ノ岬沖で沈没)のツイート集

ニュースまとめ

<琉球新報・社説>歴史教科書『ひめゆり「部隊」との記述は不適切!』 →昭和50年7月17日琉球新報夕刊『源(みなもと)会長が(皇太子)ご夫妻の前に歩みよって「ひめゆり部隊」の活躍から悲惨な最期までのもようをご報告』

琉球新報の記事 <社説>歴史教科書検定 沖縄戦の美化を危ぐする 2021年4月1日 05:01 76年前の今日、米軍が沖縄本島に上陸した。激戦に動員された若者を顕彰し、県民は戦争に「協力した」とたたえるような教科書の記述で沖縄戦の...
オピニオン

【オピニオン】<あしかび>女神の微笑み ~桜咲く宮に英米首脳らの告白を捧ぐ~(平成八年四月) 大山晋吾氏

チャーチルの謀略 私は父の寝室に入つた。父は洗面台の前に立つてゐて、旧式のヴアレット剃刀で髭を剃つてゐた。父は髭が濃かつたので、何時ものとほり逆剃りをしてゐた。「おい、座れよ。髭剃りを済ませるまでに書類を読んでくれ」。父はニ、三分逆剃りを...
オピニオン

【オピニオン】<あしかび>終戦五十年目の悲劇と立証された真実 ~謝罪衆議院決議と宣戦の詔書~(平成七年十二月) 大山晋吾氏

筆者の少年時代、かやうなニュースがテレビで報道された。眼の不自由な少年が同級生に集団で苛められ、川に落とされその上、投石を受けて死んだと。丁度、夕食事であつた。父は「眼の不自由な、弱いモノを如何して苛めるのか」と、箸を置いて暫くの間憤然とし...
資料データ

【講演動画】大山晋吾氏(波上宮・禰宜)『沖縄戦の慰霊と顕彰のこころ』

平成三十年(西暦2018年)六月二十三日(土)「沖縄慰霊の日」に沖縄県護国神社(那覇市)にて行われた、第八回島守・防人に感謝する集いでの講演動画です。 沖縄県総鎮守・波上宮(なみのうえぐう)禰宜(ねぎ)の大山晋吾氏(元・靖国神社遊就館...
戦没者慰霊

沖縄戦最初の特攻~伊舎堂用久(いしゃどう・ようきゅう)中佐と隊員たち~

沖縄を代表するリゾートである美しい離島、八重山(やえやま)諸島の中心的存在である石垣島。 伊舎堂用久(いしゃどう・ようきゅう)中佐と隊員の顕彰碑は、石垣島の中心部からほど近いサザンゲートブリッジを渡った先、南ぬ浜町(ぱいぬはまちょう)...
戦没者慰霊

沖縄・慰霊の日レポート(3)魂魄(こんぱく)の塔

平和祈念公園から魂魄の塔(こんぱくのとう)へ 沖縄慰霊の日である2020年6月23日の午前11時過ぎ、糸満市摩文仁・平和祈念公園での慰霊を終えた我々は、ひめゆりの塔方面に車を10分ほど走らせて、平和創造の森公園に向かう交差点を左折し、米須...
戦没者慰霊

沖縄・慰霊の日レポート(2)義烈空挺隊の慰霊

沖縄には義烈空挺隊(ぎれつくうていたい)を慰霊するための碑が二箇所ある。 ・義烈空挺隊慰霊碑(糸満市摩文仁・いとまんしまぶに、平和祈念公園内) ・義烈空挺隊玉砕の地碑(読谷村・よみたんそん) いずれの碑も全日本空挺同志会が...
戦没者慰霊

沖縄・慰霊の日レポート(1)自衛官有志による慰霊とマスコミ報道

新型コロナウィルス感染を防ぐための県外移動自粛が解除されて間もない令和2年(2020年)6月22日、私は羽田空港から沖縄・那覇空港に向かう飛行機に乗り込んだ。 沖縄は既に梅雨明け宣言が出た後であったものの、この日はあいにくの雨模様、湿...
広告
タイトルとURLをコピーしました